CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
 ARCHIVES
<< 明日は、第43回 海さくらゴミ拾いです。 | main | 海さくら尽くし >>
第43回海さくらゴミ拾いのご報告
2010年3月13日(土)
第43回 海さくらゴミ拾いを実施させていただきました。

お越しくださいました皆様、本当にお疲れ様でした。
そして、楽しい時間をありがとうございました。

この日は、曇り時々晴れ。

気温も15度くらいと、比較的に温かい日でした。

しかし、なんせ風が強い!!

ゴミ袋は、風にあおられ、なかなか、ゴミが
袋に入らない状況でした。
初めての方も沢山、参加してくださったのに、
あんなに風が強いと、ゴミ拾いの印象が悪くなっちゃったかな?

と心配しています。

ただ、あの海の荒れ方や、強い風を自然の中で
目の当たりにして、体感してもらえるのも
海さくらゴミ拾いの特徴でもあるのかな!?とも思います。

なので、たまに、微風で快晴の時の
素晴らしい心地良さが、よりたまらなく愛おしいく感じたりします。

強風でしたが、
また、変わる江の島・自然を楽しみに来ていただければ
幸いです。(笑)

風が強いと、必要以上に疲れますね。
皆さん、本当にお疲れ様でした。


って、当日の様子をご報告しますね。

朝から、カメラマンの小野ちゃんと江の島に入り、
色々と撮影をしており、
エノスパのレストランで食事をして
いざ、集合場所にむかいました。

トング100本
軍手
ゴミ袋

を集合場所に持っていく時、
今日は、STAFFがいなく、
僕一人だ!!と気がつきました。

今までも一人だった時はありますが、
最近、多くの方が来てくださり、
ゴミ拾いグッツも多量になり、
かなりの覚悟を決めて、
荷物を運ぼうと決意しました。

そして、駐車場にむかいトングを運ぼうとした時、
目の前に高木さんが歩いていました。

すかさず、呼び止めて、
一緒にゴミ拾いグッツを集合場所に運んで
いただきました。

高木さん、ありがとうございました。
あの時、高木さんが、見えた時、
天使に見えました。(笑)

集合場所には、
久々にゴミ拾いで、いつも大物を狙っているオウちゃんが
いました。



トビも集合場所に集合していました。



とても多くの方が参加してくださり、
STAFFもいなかったので、撮影もできなかったのですが、
みんな協力してくれて、
トングを配ってくれたり、
ゴミ袋を配ってくれたり、
参加者の常連さんが、本当に温かく
手伝ってくれて、初めての参加の方達を出迎えてくれました。

感動してしまいました。

本当にありがとうございます。

この日は、

誰が5分間で吸い殻が一番拾えるか大会
誰が面白いゴミを拾えるか大会


ある意味、ゴミ拾いFESTIVALのような大会を
2個きかくしておりました。

そんな説明をさせていただき、
ゴミ拾いに出発です。

橋の上、
スロープと

好きなところを、それぞれ、ゴミを拾ってくれました。





僕も橋の下に向かいました。
この橋の下、最近、通るのが、苦しい・・・
デブってる場合ではないですね。



先日の「タバコフィルターゴミ拾い」の時、
橋の下には、多量のゴミがあったのですが、
この日は、ゴミが本当に少なかったです。

それでも、皆さん、
小さなゴミをコツコツと拾ってくれました。





たまに、ゴミや貝の面白いものを見つけ、
見せあいっこをしていました。








内村さん
ファンキー!!



小松さん
ファンキー!!



強風でもファンキー!!



松島さんは、半そでで登場!!
気合が違う!!

ゴミ拾いのランボーみたい!!
強風がなんのその。





かなりファンキー!!

彰さん、栞ちゃん、響きちゃんの
ゴミ拾いの達人達は、
橋下にたまるゴミを黙々と拾ってくれました。











東浜に砂山もありました。



上重さんも、
娘さんと
橋の下を黙々と拾ってくれました。







中川さん親子も
橋の西側を拾ってくれました。



小川さん夫妻は、
とにかく風をおもいっきり
感じている様子でしたよ。(笑)





みどり先生はじめ、
小枝会の皆様も参加してくれました。
嬉しかった〜!!









風が左から右に、
小さい子が、
風を背中で防ぎながら
ゴミを拾って、袋に入れてくれていました。

ありがとーーー!!








こういう強風の時こそ、
みなさんにちゃんと、ミッシェル結びを伝えればよかったと反省。
ミッシャルゴミ袋結びとは、
よりゴミを入れやすくする方法です。
今度は、みなさんにお伝えしますね。
よりゴミを拾ってから、ゴミを袋に入れる動作が楽になりますよ。





14時40分から、

誰が5分間で吸い殻が一番拾えるか大会を橋の下で実施しました。

たった、5分での勝負です。
参加人数が多く、2人一組のチーム戦でした。

「よーいスタート!!」

みんな一斉に走り出し、
真剣そのものでした。









たった5分で皆さん、両手山盛りの吸い殻を
集めてきました。

たった5分ですよ。
街の道路にもそんなにないですよ!!

浜に集めた吸い殻を並べ
判定は、みなさんのトング拍手の大きさで決めました。

本当に白熱した大会
オリンピックの100m走に例えると、
0.002秒くらいの僅差で1位〜3位が決まりました。

1位 みくチャンチーム
2位 上重さんチーム
3位 中川さんチームでした。

優勝者のみくチャン!!



参加してくださった方、全員に大きな拍手!!
順位はありましたが、みなさん、本当に沢山拾ってくれました。

いつか、他のゴミ拾いチームと対抗戦をやりたくなってしまいました。
「海さくらチーム」かなり高レベルの拾い方をすると思います。









そんな大会は、自由参加です。

マイペースで、
それぞれの場所で、ゴミ拾いをしてくれている
方達も沢山!!

感謝でいっぱいです。





覚えてますでしょうか?
昨年テミヤンさんとの山菜や海菜を集めながらのゴミ拾いで
橋に下りる階段に「のぶどう」があったことを。

見てください。

ばっさり、切られていました。



悲しいです。
のぶどうが、実をつけるのを楽しみにしていたのに・・・・

そんなこんなで、
西浦にむかいました。



西浦につくと、
みなさん、浜で座っていました。

ゴミもなく、みなさん、強い風で
疲れてしまったんですね。

疲れたら、休んで、無理をしないのが一番です。
そんな強風は、みなさんの体力を消耗させます。

しかし、キラキラしていた4人組は、
湘南に舞い降りた王子達!!
若干疲れていても、
お話すると、キラキラ光っていましたよ!!



諏訪さんも!!




あれ〜西浦の島に
ロッククライミングゴミ拾いをしている方を発見!!

また松島さんファンキーだな〜と危険がないようにと
近ずいたら、
カヨさんでした。

この森の中で、
かなり同化しています。

かなりファンキー!!



そして、皆さんを出迎える
「おにぎり」をなおチャンが準備してくれました。

多くの差し入れもありがとうございます。



おにぎりは、若さんやなおチャンが
握ってきてくれました。

キンピラごぼうは、内村さんが!!
やさしいスープはイヌーが!!

本当にありがとうございます。



江の島特製、イカの塩辛も
おにぎりと共に!!

岩ノリも!!




最後に、皆さんに集合していただき、

誰が面白いゴミを拾えるか大会

の面白いゴミの発表をしてもらいました。
この日は、本当にゴミが少なかったのですが、
面白いゴミ(宝物)がありました。



・エロ本セット
・猿の人形
・草履
・硬貨(かなり昔の)
・プリクラ
・自転車のハンドル
・値段が書いてある札
・10円玉
などなど(写真撮影ができなくすません)

この大会も白熱し、
僅差であったため、
上位3組でジャンケンで順位を決めました。

またやりましょうね。

ゴミ拾いをしながら、宝探し!!
楽しかったです。

そして、本当に多くの方が参加してくださり、
心より感謝しております。

なかなか
皆さんの写真が撮れなくスイマセンでした。



参加人数 75人
不燃ゴミ  20袋
可燃ゴミ  19袋


でした。





次回の海さくらゴミ拾いは、

4月10日(土)14時〜15時30分です。

心よりお待ちしております。

そして、
昨年の6月からコツコツ、タバコカヌーのために
集めてくださった吸い殻も
お陰さまで、十分な数になりました。

4月から、この吸い殻で
カヌーを制作させていただきます。

本当に拾いずらい吸い殻を
集めていただき感謝と共に、
気持ちを持って、カヌー制作をして、
カヌー自信に魂を入れていきます。

きっと、タバコカヌーから、綺麗につながると思います。

みんなが拾ってくれた1本が、
カヌーになります。

本当にありがとうございます。



ひとまず、タバコの吸い殻を集めるのは終了です。
ありがとうございました。


おまけの写真











| - | 10:16 | comments(5) | - |
コメント
今回も名前だけの登場かと思ったらでかでかと画像載ってた。。。

風に負けフラフラと東浦のごみを拾っていると、気づけば江ノ電一駅分歩いて腰越付近まで(^^;

江の島が遥か遠くに(゜ロ゜;

ヤバイ、戻らなきゃと進路を江の島に向けると、突風で思うように進めない(*_*)

江ノ電で帰るか…

力尽きそうになっているとウィンドサーファーの女性達からありがとうございます、頑張ってください♪の声がっ(^o^)
エネルギーチャージ!!

更に進むとガラスの破片がたくさん落ちている浜で子供たちが裸足で遊んでいて子供たちが怪我をして浜遊びが嫌な思い出にならないよう、ここでも気合いのごみ拾いっ!!

結局、フィルター拾いゲームには間に合わず…

歩いた、歩いた(*^^*)

ごみ拾い前に茅ヶ崎から歩いて来られたあの方ほどじゃないですけど…

カヌーの完成、そして映画のクランクアップ本当に楽しみです(^-^)/
| たかぎ | 2010/03/16 7:26 PM |
突風の中、参加の皆様お疲れ様でした。

<3/13(土)「海さくら」>
と私のスケジュールにはきっちり記されていたんですが。

実はその日の未明、急性腸炎の痛みに悶絶していまして。。。
どうしようも耐えられなくなったので、深夜3時に湘南鎌倉病院へ駆けこみ、「採血」「レントゲン」「腹部エコー」「検便」「点滴5時間」というフルコースを受けたあとだったのでゴミ拾いの参加は断念しました。

点滴あとはおかげさまで随分楽になっていたから、海岸に遅れてでも行ってみようか…と思ったりもしていたんやけど、数時間前のあの悶絶を考えると「やっぱり今日はおとなしくしておこうという」ことでの自粛でした。

来月は会社の有志何名か声かけてます。みんな楽しみにしてます。自分もきっちり体調を整えて参加させていただくつもりなのでよろしくお願いします!
| JUN | 2010/03/16 8:04 PM |
今回は更に参加者してくれた方が多かったみたいだね!
栞響からは「いつもより少なかったよ。」と聞いておりました。
ダメぢゃんっ!(苦笑)


おにぎりはね、栞響の名誉の為(?)に言っておくけど、俺は全く手伝ってないの。
何故なら本当に普通に5時半起きで仕事だったから(苦笑)

前回のおにぎり企画の時、純ちゃん用に一個だけ大きなおにぎり作って行ったんだけど
おにぎり広げた瞬間にオウちゃんに持って行かれちゃったから(笑)
今回オウちゃん来るの聞いてたし、今回こそは絶対に取られない様に
「『古澤さん用』って名前書いておきな♪」ってだけは伝えといたけどね(笑)

そんな訳で次回のゴミ拾いの時、2号&3号をたくさん褒めてやって下さいね(笑)
| 若。 | 2010/03/17 10:11 AM |
好きな所を拾わせていただきました(^^)

ゴミ拾いに参加される方が増えてきて
自分の拾っていた場所を奪われてきているので
新しい場所を探すのに必死です(^^;)

それから…
あれは優しいスープではなく
失敗した生クリームだったんです。。。
| イヌー | 2010/03/18 12:08 AM |
たかぎサン

先日もありがとうございました。
腰越まで行かれていたんですね。
エネルギーチャージもしていたんですね。
女性のパワーは、ハンパじゃないです!!

夏はあえて、水着ギャルの方に行ってしまうかも・・・

ガラスの破片、釘などが、
海岸からなくなり、
チビちゃん達が、おもいっきり素足で
遊べる浜にしたいですね。

そして、
タバコフィルター集め大会、
またいつかやりますので、
高木さんのMYトングで参加してください。

いつもありがとうございます。
あと、重い荷物手伝ってくれてありがとうございます。


JUN兇気

コメントありがとうございます。
お体大丈夫ですか?
わざわざ連絡ありがとうございます。

本当に無理せず、
ふら〜っと遊びにいらしてください。

また、いつか一緒にLIVEで
騒ぎたいです。

いつでもJUNさんをお待ちしております。
お大事に。


若さん

コメントありがとう。
おにぎり、栞ちゃんと響ちゃんのみで作って
くれたんだね。

沢山のおにぎりは、
とても重かったと思います。

家から、江の島まで、
本当にありがとうございます。

僕専用おにぎりは、
ゆっくり、いただきました。
モチ米だったのかな?
とても美味しかったです。

今度、栞ちゃん響ちゃんに会ったら、
再度、ちゃんと感謝を伝えます。

取り急ぎ、若さん2人に
古澤が、とても美味しかったと言っていたと
お伝えください。
また重い荷物もありがとう。と。

いつもありがと。



イヌー


コメントありがとうございます。

夏、雨が多く、海水浴客が多くなり
イヌーのゴミ拾い場所は無限に広がり、
そこでのNEWゴミ拾い場所の発見が、
新しい「何か」を生みだすに違いないです。(笑)

あれは、失敗した生クリームだったんですね。
失敗ではないです。
あれこそが、やさしい生クリームです。

いつもありがとうございます。
| 古澤純一郎 | 2010/03/18 9:52 AM |
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED