CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
 ARCHIVES
<< ヒーハー! | main | 第40回海さくらゴミ拾い&海さくらクリスマスLIVE >>
海さくらの2つの車輪 藤沢市長編
ヒーハァー!!
皆さん、お元気ですか!?

寒いですね。
今日、朝、久々にランニングしました。
やっぱり気持ちがいいです。

昨日、仕事を休ませていただき、

藤沢市長の海老根さんにお時間をいただき、
色々と話をしてきました。

20分という時間しかなく、
その中で、どこまで!?わかりやすく、想いを伝えられるか!?

20分や、言いたいことを、簡単にわかりやすくまとめる事ほど、
難しいものは、ありません。(ブログだらだらでスイマセン)



「海さくら」は、とにかく「楽しく綺麗に!」をテーマに活動していて、
活動していく中で、

「どうして?」という単純なテーマで、活動しながら、
考えていくのですが、

江の島の島・人・海大好きーーー!から始まり、

次世代にも自分達のためにももっと綺麗にしていきたーーーい!

になり

「江の島湘南の海を綺麗にしたい」から、

「どうしてゴミは拾っても拾ってもやってくるの!?」

という疑問が生まれ、
それを解決するには、ゴミ拾いや、ゴミが簡単に拾える環境つくり
フリーペーパーやコンサート、メディアなどを
通じて、伝えようとしてきております。
今後もそれを、改善・反省・修正をしながら進んでいきます。

5年目にさしかかる活動で、今、思っている事は、

.乾澆量簑
⊃綣舛量簑

です。何度もブログで書かせていただいておりますが、
この2つの車輪をうまくバランスよく回し、楽しい車にのって、
進もうとしております。

タツノオトシゴが産卵するような海にするためには、
この2つの車輪を回していかないといけないと思っております。

△凌綣舛量簑蠅蓮
海さくらフリーペーパーでも特集しておりますが、
海底にも森をつくらないと昔いたさまざまな生物はもどってこないのです。
森をつくるには、川からの過度な養分をなくさないといけない。
過度な養分は、透明度をさげ、海底の森に光が届かない。
悪循環。

海底に森ができると、
養分をたべる生物も増え、バランスがよくなる。

この△凌綣舛魏善するための施策を持って、
また海さくら映画の撮影もかねて、
市長にお時間をいただいのたです。

結果、

その水質改善プロジェクト(専門家と共に)が
藤沢市の協力も得られそうでした。まだまだこれからですが、
大きな1歩になりました。

これは、本当に大きな1歩で、今もまだ興奮しております。

本当にタツノオトシゴが産卵するような海に
大きな1歩になったのです。

このプロジェクトは、発表できる段階になったら、
もちろんしっかりとお伝えしますが、「楽しく綺麗に!」が詰まった
プロジェクトで、成功すれば、
本当に水質も綺麗になり、
世界に自慢できる海になるのです。

自然相手なので、生態系の問題など、
専門家などとチームを組み、
進んでいきますよ!!

とにかく大きな大きな1歩が動き出します。

海さくらは、色々な人と協力しながら、
進んでいきます。

昨日も、お世話になっている井上さんや、友人に偶然会うとか、
「海さくら海さくら」ではなく、
結果、綺麗になればという気持ちが、出会いを増やしてくれていると
感じました。

ただ、責任やリーダーシップなどの所在を
明確にしないと、現実に実行までいかないことも、
経験してきているので、
多くの方との協力の中、がんがん、引っ張っていきたいとも思っています。

やったるでーー2010年!!

2010年想像するだけで、
怖い・・・けど、楽しみ!!

1歩1歩!!







| - | 11:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED