CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
 ARCHIVES
<< TVK ハマランチョ | main | 明日13日(土)は、海さくらゴミ拾いです。 >>
僕と音楽と江の島とリクオさん
私は、こう見えて、バイオリンを10年間くらい習っていました。

今ではもう弾けないのですが、
幼稚園の時にガキ大将だった自分は、
幼稚園でバイオリンを披露した人が、
あまりにも素晴らしく感じ、みんなの注目を集めていて、なんか悔しく、
母にお願してはじめたのです。

はじめて、すぐに、外でサッカーするのに夢中になり、
言い出したのは自分なのに、ブーブーいいながら、
たまに「お腹いたい!」などウソをついて休んだりしながら、
やっていました。

その時は、楽譜も読めたんです。

そして、中学で今でも大好きなTHE BLUE HEARTSに出会い、
ライブによく行っていました。

今、映画を撮ってくれている俳優の山下徹大ともいきましたね。

リクオさん等に出会う前は、
加山雄三・BEGIN・ブルーハーツが大好きで、
よく聞く歌は、テレビのランキングの上位のみでした。

それは、それで、今も聞きますが、

リクオさんのライブを見た時に、衝撃でした。



リクオさんの曲は聞いたことはありませんでした。

ただ、あのリアルというか「生」というかピアノテクニックというか、
「なんだ!この人は!?なんだ、この楽しい世界は!?」と
おもいました。カッコイイと思いました。

リクオさんのカッコイイところは、たくさんありすぎるので、
このへんにしておきますが、
それから、リクオさんに第一回海さくらコンサートに出演していただき、
それから、今日まで、多くの出会いをいただき、たくさん、兄貴的に
教えていただきました。

このUMISAKURA MUSIC FESTIVALは、今年からですが、
今年に入り、リクオさんと何回打ち合わせをしたのかわからないくらいに
打ち合わせをしていただきました。

一緒に創り上げている最中ですが・・

リクオさんは、UMISAKURA MUSIC FESTIVALのMUSICプロデューサーとして
深く参加してくださり、その出会いをくれた音楽に感謝し、
今年のMUSICフェスが、来ていただいた皆様の素敵な1ページになればと
おもいます。

江の島があって、色々な人と出会うことができています。

今日は、なんか、あまりにも多くの皆様に支えられている事を
振り返っちゃいました。

急に感謝でいっぱいになっています。

なんか、おかしくなりました。

とにかく、いつも皆様ありがとうございます。




リクオさんより


自分と湘南との付き合いは、3年前に江の島で初めて開催された
音楽イベント「海さくらコンサート」への出演依頼を受けたことを
きっかけにして始まりました。


 翌07年の「海さくらコンサート」からは、出演者としての参加だけ
でなく、ブッキングやステージ構成のサポートもさせてもらうよう
になり、江の島湘南界隈に通う機会がどんどんと増えてゆきまし
た。

初めて訪れた時から、江の島の自然や湘南の街の空気に惹きつ
けられていた自分は、その内に、この地で暮らすことを考えるよう
になりました。


 それで、とうとう昨年、長年住み続けた東京を離れて江の島近く
に引っ越して来ました。だから、今年からは地域住民として、「海
さくらコンサート」改め「海さくらミュージックフェスティバル」
に参加することになります。


 自分は、北海道から沖縄まで、ライブ数が年間120本を越える
ツアー生活を長年続けていて、自分のことを根無し草のように感じ
ることがあるのですが、湘南に越してからは、少し考えが変わりました。

 ツアー生活は続けてゆくけれど、これからはこの街での「暮ら
し」も大切にしたい、その「暮らし」の中で人との「繋がり」を築
いてゆきたい、その「繋がり」を通して、この街での音楽生活を充
実させたい、この街で共鳴空間を育んでゆきたい、自分が暮らす
ローカルから各地へひろく音楽を発信してゆきたい、そんなことを
考えるようになったのです。

「海さくらミュージックフェスティバ
ル」は、そういった思いを抱き始めた自分に、とてもタイムリーな
役割を与えてくれています。

 まずは、アコースティックな音楽と江の島の自然を通して皆さん
に、最高に心地よい時間を過ごしてもらいたいと思っています。

通常のイベントでは観られないアーティスト同士のセッションやコラ
ボ、江の島の自然を生かしたシチュエーションでのステージなどを
通して、貴重な化学反応とオープンな共鳴空間を存分に楽しんでも
らうつもりです。

お客さん、スタッフ、出演者含め参加してくれた
すべての人達にとって「海さくらミュージックフェスティバル」
が、繋がり、出会い、発見の場になれば最高です。
 ご参加、ご協力、よろしくお願いします。



下記の映像の何百倍も
LIVEはいいのですよ。

アイノウタが好きなので、
よかったら、聞いてください。





UMISAKURA MUSIC EFSTIVAL のHPにも
リクオさんのプロフィールなど掲載してあります。

http://www.umisakura.com/fes/main.html

| - | 16:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED